The Game

■アルバムの紹介と名曲と言われる代表曲(動画)

クイーンの8枚目アルバム「The Game – ザ・ゲーム」からは、名曲と言われる代表曲(動画)として「Save Me – セイヴ・ミー (by ブライアンメイ)」を選び配信しました。

50

Queen(クイーン)のアルバム「The Game - ザ・ゲーム」の紹介と勝手に評価

耐聴性の評価
代替不可能性の評価
個人的に肌に合う度合の評価

■ Queen(クイーン)のアルバム「The Game - ザ・ゲーム」の紹介

イギリスで1980年6月30日に発表された、クイーンの8枚目アルバム「The Game - ザ・ゲーム」は、本国イギリスでチャート1位を獲得、アメリカのビルボード誌では1位、日本のオリコンで5位を記録した。
全米で410万枚を売り上げ、オリジナルアルバムの中ではアメリカでの最大ヒット作品となった。
このアルバム「The Game - ザ・ゲーム」には、Queen(クイーン)における最大のシングルヒット曲で名曲と言われる「Another One Bites The Dust - 地獄へ道づれ (by ジョンディーコン)」と、エルヴィス・プレスリーのオマージュ作品で、こちらも名曲と言われる「Crazy Little Thing Called Love - 愛という名の欲望 (by フレディマーキュリー)」の2曲の全米ナンバーワンヒットシングルが収録されている。
他にも、このアルバムからは、「Play The Game - プレイ・ザ・ゲーム (by フレディマーキュリー)」「Need Your Loving Tonight - 夜の天使 (by ジョンディーコン)」、名曲「Save Me - セイヴ・ミー (by ブライアンメイ)」 と数多くがシングルカットされた。
また、それまで拒んできたシンセサイザーを、このアルバムから積極的に使用し始めた。

■ アルバム「The Game - ザ・ゲーム」からの名曲と言われる代表曲(動画)

クイーンの5枚目アルバム「The Game - ザ・ゲーム」からは、名曲と言われる代表曲(動画)として「Save Me - セイヴ・ミー (by ブライアンメイ)」を選び配信しました。

個人的にも、「Save Me - セイヴ・ミー (by ブライアンメイ)」「Crazy Little Thing Called Love - 愛という名の欲望 (by フレディマーキュリー)」を中心に聴きます。
平均点82

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>