Jazz

■アルバムの紹介と名曲と言われる代表曲(動画)

クイーンの7枚目アルバム「Jazz – ジャズ」からは、名曲と言われる代表曲(動画)として「Don’t Stop Me Now – ドント・ストップ・ミー・ナウ (by フレディマーキュリー)」を選び配信しました。

28

Queen(クイーン)のアルバム「Jazz - ジャズ」の紹介と勝手に評価

耐聴性の評価
代替不可能性の評価
個人的に肌に合う度合の評価

■Queen(クイーン)のアルバム「Jazz - ジャズ」の紹介

イギリスで1978年11月10日に発表された、クイーンの7枚目アルバム「Jazz - ジャズ」は、再度、ロイ・トーマス・ベイカーをプロデューサーに迎えて作られたアルバムである。
スタジオ録音を強く感じさせるコンプの聞いたタイトな音作りになっていて、アルバム「Jazz - ジャズ」特有の空気感をかもし出している。
かつてのQueen(クイーン)の大きなスケール感は感じないが、それぞれの作風はロック、ポップス、ファンクと幅広く聴きやすい。

このアルバムは、イギリスで2位、全米ビルボード誌で6位、日本のオリコンで5位を獲得している。
ちなみに、アルバムタイトルのJazz (ジャズ) は、音楽分野のジャズではなく、「戯言」や「ナンセンス」を意味している。
また、名曲「Don't Stop Me Now - ドント・ストップ・ミー・ナウ (by フレディマーキュリー)」は、後の、こちらも名曲「I was born to love you - アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラヴ・ユー (by フレディマーキュリー)」にも通じるキャッチな進行を用いたヒット曲である。
他にもアルバム「Jazz - ジャズ」からは、名曲「バイシクル・レース/ファット・ボトムド・ガールズ」「ムスターファ」「ジェラシー」がシングルとして発売された。

■ アルバム「Jazz - ジャズ」からの代表曲(動画)

クイーンの7枚目アルバム「Jazz - ジャズ」からは、名曲と言われる代表曲(動画)として「Don't Stop Me Now - ドント・ストップ・ミー・ナウ (by フレディマーキュリー)」を選び配信しました。

個人的には、「Dead On Time - デッド・オン・タイム (by ブライアンメイ)」「If You Can’t Beat Them -うちひしがれて (by ジョンディーコン)」が飽きが来なくてよく聴きます。このアルバムでもジョンディーコンのポップスセンス!
現在では、「Bicycle Race - バイシクル・レース (by フレディマーキュリー)」は、あまり聞きません(あしからず)。
平均点87

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>