Sheer Heart Attack

■アルバムの紹介と名曲と言われる代表曲(動画)

クイーン(Queen)の3枚目のアルバム「Sheer Heart Attack – シアー・ハート・アタック」からは、名曲と言われる代表曲(動画)として「Killer Queen – キラー・クイーン (by フレディマーキュリー)」を選び配信しました。

7

Queen(クイーン)のアルバム「Sheer Heart Attack - シアー・ハート・アタック」の紹介と勝手に評価

耐聴性の評価
代替不可能性の評価
個人的に肌に合う度合の評価

■ Queen(クイーン)のアルバム「Sheer Heart Attack - シアー・ハート・アタック」の紹介

イギリスで1974年11月8日に発売された、Queen(クイーン)3枚目のアルバム「Sheer Heart Attack - シアー・ハート・アタック」は、全英ミュージック・ウィークで2位、全米ビルボードで12位を記録した。
このアルバム「Sheer Heart Attack - シアー・ハート・アタック」は、Queen(クイーン)の音楽の世界を、本国イギリス、日本についで、大国アメリカへと広げていったアルバムと言ってよい。
ちなみに、「Sheer Heart Attack - シアー・ハート・アタック」の意味は、日本語で心臓発作のことだが、隠語で「暗殺者のナイフ」「心臓を一突き」という意味がある。
「Brighton Rock - ブライトン・ロック」「Now I’m Here - ナウ・アイム・ヒア」でのディレイ効果による演奏を多用しているのも特筆すべきところである。
このアルバムの中から、「Now I'm Here - ナウ・アイム・ヒア(誘惑のロックンロール)」「Killer Queen - キラー・クイーン」がA面としてシングルカットされた。

■ アルバム「Sheer Heart Attack - シアー・ハート・アタック」からの名曲と言われる代表曲(動画)

クイーン(Queen)の3枚目のアルバム「Sheer Heart Attack - シアー・ハート・アタック」からは、名曲と言われる代表曲(動画)として「Killer Queen - キラー・クイーン (by フレディマーキュリー)」を選び配信しました。

個人的には、「Killer Queen - キラー・クイーン (by フレディマーキュリー)」を筆頭に、隠れた名曲「Dear Friends - ディア・フレンズ (by ブライアン・メイ) = 歌詞と相まって」と「Brighton Rock - ブライトン・ロック (by ブライアン・メイ)」がよく聴きたくなります。
平均点60

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>