Fat Bottomed Girls – Queen Live (クイーン ライブ)

日本語の曲名 : ファット・ボトムド・ガールズ

歌詞(英語・日本語訳・和訳)

■Fat Bottomed Girls – Live (ライブ) – 日本語訳・和訳

ああ、今夜、僕をうちにつれて帰っておくれよ  ああ、火が赤々と灯っている、あのそばへ  ああ、君がいると、何もかも心地よく、安らいで見える  ふくよかな腰つきの少女たち  この揺れる(ロックする)世界を回しているのは、君たちさ    僕は、ただの、痩せこけた若造だった  何が良くて何が悪いのか、  そんなこと、絶対、わかりもしなかった  でも育児室(ナーサリー)から卒業するその前に、  もう人生ってやつを、知っていたね  そこで、図体のでかい女と二人きりにされて  彼女ときたら、本当にみだらな乳母だった  とてつもなく巨大な女  君が僕を悪いやつにしたのさ    僕はバンドを引き連れて、歌ってきた  電波に乗って流れ、海の向こうまで  そうして、ありとあらゆる、青い目のふしだら女たちを見てきた  でも、彼女たちの美しさやスタイルでは  そのうちに、刺激がなくなってしまって  結局いつも、穢れた女たちのところへ行ってしまうんだ  こいよ!    おお、今夜は僕を、家につれて帰っておくれよ(お願いだから!)  おお、君が灯す明るい炎のそばに  おお、君は惜しみなくすべてを与えてくれる  豊かなヒップの少女たち  この揺れる(ロックする)世界を回しているのは、君たちさ  ふくよかな腰つきの少女たち  この揺れる(ロックする)世界を回しているのは、君たちさ     ねえ、聞いておくれよ!  今や、僕はたくさんの抵当権と家を持っていて  骨のずいまで、がちがちに堅苦しくなってしまった  このあたりには、きれいな女たちなんて、どこにもいないんだよ  でも、僕には、まだ楽しみがある  一番大事な宝物も、まだあるのさ  とてつもなく巨大な女  君が、僕をいっぱしの大物にしてくれたのさ  だから、どうだい?    ああ、今夜、僕をうちにつれて帰っておくれよ  ああ、火が赤々と灯っている、あのそばへ  ああ、君がいると、何もかも心地よく、安らいで見える  ふくよかな腰つきの少女たち  この揺れる(ロックする)世界を回しているのは、君たちさ  豊かなヒップの女たち  この揺れる(ロックする)世界を回しているのは、君たちなんだ

■Queen Live (クイーン ライブ) | Fat Bottomed Girls – Live (ライブ) – 英語歌詞

英語歌詞はこちら

1

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>