Hot Space

■アルバムの紹介と名曲と言われる代表曲(動画)

クイーンの10枚目アルバム「Hot Space – ホット・スペース」からは、名曲と言われる代表曲(動画)として「Under Pressure – アンダー・プレッシャー (by クイーン & ボウイ)」を選び配信しました。

26

Queen(クイーン)のアルバム「Hot Space - ホット・スペース」の紹介と勝手に評価

耐聴性の評価
代替不可能性の評価
個人的に肌に合う度合の評価

■ Queen(クイーン)のアルバム「Hot Space - ホット・スペース」の紹介

イギリスで1982年5月21日に発表された、クイーンの10枚目アルバム「Hot Space - ホット・スペース」は、イギリスでチャート4位、アメリカのビルボード誌では22位、日本のオリコンで6位とセールスの結果としては振るわなかった。
ブラックミュージックを前面に押し出した16ビート(ブライアンメイがシングルコイル系のギターで16ビートのコードカッティングしているなど)とシンセを多用するサウンドは、Queen(クイーン)ファンが求めているサウンドではなかった。
しかし、このクイーン流ブラックミュージックのアルバム「Hot Space - ホット・スペース」は、従来のQueen(クイーン)を求めなければ、高い評価を得るに等しいアルバムであると思う。こういうサウンドだからこそ、フレディーのボーカルとバックコーラスが改めてすごいと気づかせるアルバムでもある。

イギリスで1位を獲得したデヴィッド・ボウイとの名曲と言われる共作曲「アンダー・プレッシャー」がこのアルバムにも収録されているが、このアルバムからの第1弾シングル「ボディ・ランゲージ (by フレディマーキュリー)」のビデオが、猥褻な内容であるとされ、MTVで放送禁止になったため、チャートは振るわなかった。
また、射殺されたジョン・レノンに捧げた、名曲「Love - ラブ (by ジョン・レノン)」をオマージュした「ライフ・イズ・リアル (by フレディマーキュリー)」、良くあるが耳の残るペンタトニック・リフ・フレーズで多くの似たヒット曲がある「Back Chat - バック・チャット (by ジョンディーコン)」などが収録されている。

■ アルバム「Hot Space - ホット・スペース」からの名曲と言われる代表曲(動画)

クイーンの10枚目アルバム「Hot Space - ホット・スペース」からは、名曲と言われる代表曲(動画)として「アンダー・プレッシャー (by クイーン & ボウイ)」を選び配信しました。

個人的には、「ダンサー - Dancer (by ブライアンメイ)」「Back Chat - バック・チャット (by ジョンディーコン)」をよく聴きます。
平均点70

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>